荷の下が抜けないために

最近では、あまり見かけませんが
みかん容器などを組む際、下を十字に組む方策があります。

この方法を使うって、ガムテープなども取り除ける結果
お手軽にできて、ほんま便利ですが
本当は、移転の荷作り方策にはお勧めできないのです。

ダンボール容器などを組むときは
底面にあたる部分に家屋
少ない皆さんは中に織り込み、長い皆さんは両端を並べて
ガムテープで確定やる方策がベストだそうです。

見た目、くらいみたいにも思える方策ですが
ガムテープを貼ったときに余地ができない他
容器を積み重ねたときも、底面が一直線な結果安心できます。

無論、底面のガムテープの位置は
一部分だけでなく、数カ所を確定やる方策もありますので
本編のウェートなどを基点にくふうするといいですね。

そしたら、ダンボール容器のがたいですが
小さめの容器には根深いものを入れて
大きめの容器には小気味よいものを加えるのがポイントです。

また、和服専用の容器やハンガーボックスもありますので
移転組織を決めるときに、確認することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です